安心計画

社長挨拶

共有する空間・価値・未来

進化したICT(情報通信技術)の特性はその双方向性にあり、さらにその技術に支えられたメディアミックス環境は、仮想と現実を融合させた仮想現実空間を可能にしました。 住宅分野でも、住む人と造る人はネットを介して仮想現実空間を共有しながら、時間と場所の制約を超えて自在にコミュニケーションを図ることができるようになりました。そこでは、建築理念や生活スタイル、デザインなどへのこだわりが熱く語られています。

仮想現実空間では、デジタルシミュレーションによって斬新なアイデアや冒険にも挑戦する事ができます。
VR(仮想現実)から始まった新技術は、AR(拡張現実)、MR(複合現実)、さらにSR(代替現実)へと進化しています。

しかしながら、家づくりにはクリアすべき多くのハードルがあります。
敷地や法規、構造、積算、耐震等級、環境基準なども考慮する必要があり、仮想現実空間だけで完結するような簡単なものではないのも現実です。

安心計画の運営するWEB上の仮想住空間では、建築、住宅、CG、VR、動画、WEBなどの専門分野におけるエキスパートが、家づくりのためのデザインコンテンツの、制作と配信に携わっています。

住宅は、衣食住すべての情報が集積するプラットフォーム(基盤)です。我々は、その住空間におけるWEB上のマーケットプレイスとしての可能性に着目し、さまざまな事業モデルを展開しています。
キーワードは “Visual Data Sharing(共有)”。
参加者が、受身ではなく情報を自ら発信し活用できる双方向のコミュニケーションメディアを目指します。

安心計画の使命は、共通のプラットフォームづくりと健全な運営、そして、多様なサービスから創出された情報の統合とご提供です。
日本の住文化を変える新しいプロジェクトへのあなたのご参加を心から歓迎いたします。

社長プロフィール