Informationお知らせ

2019.07.22

お知らせ

リフォームもキャッシュレス決済でポイント還元

 消費税率10%への引き上げに対応した住宅取得支援策としては、次世代住宅ポイントやすまい給付金、税制優遇等が実施されるが、忘れられがちなのが、「キャッシュレス決済のポイント還元」。今年10月から来年6月までの間に、対象の店舗でクレジットカードやデビットカード、電子マネー、QRコードなどで現金を使わない「キャッシュレス支払い」をした消費者に、支払った金額の5%または2%のポイントを還元する仕組みだ。導入できるのは中小企業に限られ、キャッシュレス決済に必要な端末導入も補助される。新築住宅の販売は制度の対象外となっているが、それ以外のリフォームはポイント還元の対象。次世代住宅ポイントとも併用できるため、すでに導入を準備する工務店・リフォーム店が増え始めている。

(出典:NJS日本住宅新聞)